バイアグラを飲んでも効果がないという人の特徴

バイアグラは1998年にアメリカで発売されて以降、世界中でED(勃起不全)に悩む男性たちを救ってきました。

バイアグラは1999年から日本でも販売が許可され、現在にいたってもED治療の現場で使用され続けられています。

バイアグラを飲むと30分程度で勃起力がアップし、5~6時間程度効果が持続すると言われているのですが、中にはバイアグラを飲んでも効かなかったと嘆く人もいるようです。

バイアグラが効かないという人はなぜ効かないの?

バイアグラを飲んでも十分な効果が感じられなかった人は、下記のいずれかに該当しているかもしれません。

服用量が足りない

バイアグラ錠には25mg、50mg、100mgの3種類があります。
日本の病院では25mgと50mgが処方されますが、体格の大きな方や肥満体型の人にはもの足りないことがあるようです。

また、バイアグラを飲み続けているうちに耐性ができて病院で処方されるバイアグラ錠の成分量では効果を感じにくくなったということもあるといいます。

そのような方は、25mgから50mg、50mgから100mgと成分量を今までより多くしてみると良いでしょう。

ただし、成分量を多くするとその分頭痛や鼻づまりなどの副作用が起こりやすくなるので注意が必要です。

空腹の状態で飲んでいない

バイアグラは空腹の状態で飲む必要があります。
食事の後にバイアグラを飲むと、バイアグラの成分が体内で吸収されにくくなり、効果が半減してしまうのです。

お酒を飲んだ後も同じで、お酒の影響を受けやすいお薬なので、効果を感じにくくなってしまいます。

バイアグラのようなED治療薬が効かなかったという方の8割以上は誤って食後に服用した場合であると言われています。

他の薬剤の影響を受けている

バイアグラと同時に服用している薬によっては、バイアグラの効果が抑制されてしまっている可能性があります。

なお、バイアグラには硝酸剤及びNO供与剤やsGC刺激剤など、併用禁忌となっているお薬もあるので、バイアグラを飲む前には必ず服用中のお薬と併用しても問題ないか確かめましょう。

バイアグラが効かない場合の対処法

バイアグラを飲んでいるにも関わらず勃起力がなかなかアップしないという場合には、下記の対処法を取ってみてください:

ダイエットをする

肥満傾向にある人はそうでない人に比べ、バイアグラの効果を感じにくい可能性が高いです。

生活習慣の悪化から体重が気になるようであれば、体重を適正まで落とすことで改善が見られるかもしれません。

他のED治療薬に替えてみる

バイアグラが効かない、効かなくなってきた場合、バイアグラと身体の相性が良くないということも考えられます。

バイアグラが発売されて以降、レビトラやシアリスといった違う有効成分をもつED治療薬が登場しているので、別のED治療薬に替えて効果の違いを実感してみるとよいでしょう。